沖電気工業(OKI)は、世界最小カラーLEDプリンター「PLAVI(プラビ) Pro330S」(冒頭写真)をリニューアルし、10月26日から出荷を開始した。それに合わせて記者会見を開催した。その中で小売業のPOPのラベル印刷やメーカーの物流倉庫のラベル印刷などに現場への提案を強化していくことを打ち出した。

 PLAVI Pro330Sは、幅狭用紙への多様なカラーオンデマンド印刷が行えるプリンターで、SIer(システムインテグレーター)と共創する業務改善システム用の出力端末として、2020年9月に発売。今回、ラベル紙のギャップ(ラベルとラベルの間)で自動カットする機能の実装と、専用オプションとしてロール紙ホルダーの開発を行い、カラーラベル印刷にも最適なプリンターとして刷新。本体サイズは、幅198mm×奥行380mm×高さ195mmとコンパクトな筐体でありながら、作業スペースを圧迫することなくカラーラベルを内製化できる。

 また新開発したオプションのロール紙ホルダーを同製品に装着することで、幅約3インチ(82mm)、最大直径8インチ(約203mm)のダイカットラベル(型抜きラベル)ロール紙のセットを可能にした。標準装備の自動カット機能により、ロールから必要な枚数のラベルを都度印刷してカットすることができる。また、ロール紙ホルダーは普通紙のセットにも対応する。

 トナー方式の特徴である耐水性・耐アルコール性に優れており、上質紙・アート紙ラベルの使用が可能だ。さらに水濡れや結露への耐性を求められる流通の冷凍・冷蔵売り場などで合成紙・白色PETラベルも利用できる。必要な時に必要な枚数を印刷でき、人の手による裁断も不要なため、流通店舗などの棚札やPOPの制作・貼り替え作業の効率化を実現する。

 井上崇執行役員コンポーネント&プラットフォーム事業本部情報機器事業部長は「メーカーの倉庫のラベル印刷や小売業のPOPの印刷では、生産性、効率性を高める印刷ニーズが高まっています」と述べ、同商品の刷新により、幅狭カラーラベルの即時発行を求める流通の現場の作業効率向上への貢献を目指す。